未分類

秘書への転職に最適なエージェントはどれ?転職を成功させるための秘訣とは

企業のトップに立つ人達のそばで常に寄り添って仕事をする秘書は、誰もが憧れる職業だと思います。

そのため秘書になりたいと望む方もきっと多いのではないでしょうか。

しかし秘書になりたいと思っても、本当にその夢が実現するのかどうか不安を抱いてしまうこともあるのでは?

そこでおすすめしたいのが、転職活動を支えてくれるエージェントです。

エージェントの手にかかれば、秘書への転職であっても成功に導いてくれることでしょう。

今回はそうした秘書への転職を考えている方に、おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介していきますね。

 秘書への転職を支える転職エージェントの魅力

それではまず、転職エージェントにはどんな魅力があるのか見ていきましょう。

もう既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、転職エージェントには次のような特徴がありますよ。

 希望条件と合致する求人を紹介してもらえる

まず1つ目の転職エージェントの魅力的なところが、自分の希望条件に合った求人を紹介してくれるところです。

一番はじめに面談をし、その時に聞いた希望条件から合致する求人を紹介してくれます。

給与・週休・勤務先など、自分が伝えた条件をもとに求人を探してもらうことができますよ。

ここで嬉しいポイントになるのが、自分の代わりに代行で求人探しをしてくれるところです。

やはり転職となると経済的なことを考え、すぐに仕事を辞めることができない場合もあると思います。

そうした時に仕事をしながら秘書の求人を探すというのは、すごく大変そうではありませんか?

仕事が忙しければなおさら求人を探す時間を割くことも難しいことでしょう。

そのような時に、転職エージェントは転職先探しのサポートをしてくれますよ。

 応募する時に的確なアドバイスをしてくれる

転職エージェントはどこの秘書求人に応募をするか決めた時にも活躍します。

それはなぜなら、応募に必要な履歴書などの書類や面接での対応などに対し、的確なアドバイスをしてくれるからです。

転職を成功させたいという気持ちが強くあっても、応募書類や面接で失態があれば転職が失敗してしまうこともあります。

できればそういったことは避けたいものですよね。

しかし転職エージェントに相談をすると、実際に応募する前に改善点や注意点などを親切に教えてもらうことができますよ。

 転職エージェントを活用して秘書への転職を成功させよう

転職エージェントの魅力を簡単にご紹介したところで、ここからは秘書への転職におすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

どの転職エージェントを使えばいいのか迷ってしまった時には、以下のようなところを利用してみましょう。

 リクルートエージェント

求人数 公開求人数37,553

非公開求人数166,267

対応地域 全国へ対応

リクルートエージェントは公開求人数・非公開求人数共にトップクラスとなっている転職エージェント。

そのため求人数の多さから、自分の希望に合った秘書の勤務先を見つけやすくなっていますよ。

また、非公開求人数が多くあるのもリクルートエージェントの強みです。

通常であれば公開されることがない非公開求人は、誰もが興味を抱く好条件の求人がたくさんありますよ。

さらに先ほどご紹介したサポートに加え、専門のキャリアコンサルタントが親身になって相談に乗ってくれるので、秘書が未経験の方にもおすすめの転職エージェントとなっています。

 マイナビエージェント

求人数 公開求人数7,044

非公開求人数有り

対応地域 全国へ対応

株式会社マイナビが運営する転職エージェントのマイナビエージェントは、大手という点から信頼感が高いです。

特に若者の転職に力を入れているので、初めての転職に不安を抱えている若年層の方におすすめですよ。

応募書類の作成や面接対策のサポートにも徹底していて、転職活動を安心して勧めていくことができます。

 秘書への転職に役立つ4つの資格とは

最後に、秘書への転職を考えた時に役立つ4つの資格をご紹介していきますね。

資格を取得して、秘書への夢を実現させてしまいましょう。

 秘書検定

秘書検定とはその名の通り、秘書になるために必要な資格のことを指します。

難易度は高く、位が上がるほど合格の確率はどんどん低くなってしまうものの、秘書検定の資格を持っていると秘書へ応募する時にも企業や採用担当者の目にとまりやすくすることができますよ。

特に準1級などの級数が高い検定資格を持っていると、秘書業務に対しての信頼を得ることにもつなげることができます。

 国際秘書検定(CBS)

秘書になるなら英語力も身に付けておかなければいけません。

そうした時に秘書の業務で役立つ資格が国際秘書検定(CBS)です。

国際秘書検定を取得していると、日本語だけでなく英語もきちんと話せる有能な人材だと相手側に印象づけることができます。

また、国際秘書検定では英語力の他にも経営や法律に関する知識が必要となるので、それらのことを勉強しているうちに英語以外の知識を得ることもできますよ。

外資系の秘書を考えている方は国際秘書検定を取得しておくと良いでしょう。

 マイクロオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロオフィススペシャリスト(MOS)は事務職の転職にも役立つ資格ですが、秘書へ転職する時にも必要となります。

なぜなら秘書も事務と同様に、WordExcelPowerPoinといったパソコンでの書類作成をする機会が多くあるからです。

そのためマイクロオフィススペシャリストの資格を持っておくと、転職後も資格取得で得たスキルを役立てることができますよ。

 簿記検定

簿記検定も取得しておくと、秘書の業務で意外に役立ちます。

「事務職ではなく秘書だったら、簿記の資格は必要ないのでは?」

そう思われる方もいるかもしれませんが、秘書の業務では財務諸表などを扱うところもあるのです。

ですから秘書に必要な資格の他にも簿記検定の資格を持っておくと、秘書を採用する企業側にも一目おいてもらうことができるかもしれませんよ。

 まとめ

今回は秘書へ転職をしたいと望んでいる方に向けて、おすすめの転職エージェントをご紹介してきました。

また、秘書になるためにはさまざまな資格が必要となることも分かりましたね。

秘書になるための準備を万端にしておき、転職エージェントで自分が理想とする企業への転職を実現させてしまいましょう。