秘書への転職条件

男性でも秘書に転職することはできる?女性じゃなくても秘書になれるの?

現在では珍しくなくなってきた男性秘書。

「自分も秘書の仕事をしてみたい。」

そう思っている男性の方もいるのではないかと思います。

しかし、秘書は女性が多いイメージがあり、願望はあっても本当に転職することができるのかどうか心配ですよね。

そこで、これから秘書に転職したい男性に向けて秘書に転職するためのポイントなどをお伝えしていきたいと思います。

秘書の仕事に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

秘書の仕事って?どんな特徴があるの?

まずは秘書の仕事や特徴についてご説明していきます。

秘書の仕事に就くためにも、秘書の仕事にはどんなものがあるのかここで抑えておきましょう。

さまざまな職種の上司や代表をサポートする仕事

秘書とは、さまざまな職種の上司や代表をサポートする仕事のことを言います。

それは社長や議員、大学教授と業種はさまざまです。

上司や代表のサポートをするのはとても大変そうに感じてしまいますが、その分とてもやりがいのある職業となっていますよ。

元から誰かを手助けして支えたり、サポートをするのが好きな方には向いているかもしれないですね。

秘書の仕事内容

代表のサポートといっても、具体的にどんなことをするのか分からない方もいるかと思います。

そんな秘書の仕事内容には、以下のようなものがありますよ。

  • スケジュールや名刺などの管理
  • 書類や文書の作成
  • ファイルの整理
  • 来客対応や電話応対
  • 食事の管理

このように、秘書は上司や代表の仕事を順調に進めるためにサポートをしたり、会社の顔となって業務を勤めます。

責任を持ってやらなければいけませんが、上司や代表の側で仕事をするというのはとても光栄なことですよね。

秘書の年収

秘書の平均的な年収は、だいたい300~500万円とされています。

月々の平均で見てみると、およそ14~25万円ほどです。

しかし、秘書の中には年収1000万円以上をもらっているという人もいます。

どの上司や代表の秘書になるかでも、給与や年収が大きく変わってくるということですね。

外資系企業や国内で創業をした社長の秘書などは給与が高い場合が多いようですよ。

高い年収を狙いたい方は、外資系企業や国内でも有名な社長の秘書なども視野に入れておくと良いかもしれないですね。

秘書に多いのは女性?男性?

ここまで秘書の仕事についてお伝えしてきました。

しかし、秘書は男性よりも女性の方が多いと言われています。

では、女性や男性と秘書の関係について見ていってみましょう。

秘書は気配りができる女性が多い

秘書は分刻みの細かいスケジュールの管理や、室内の整理整頓などがあるため、気配りができる女性が好まれます。

ですから大雑把なイメージを持たれがちな男性は、秘書として扱われにくいのです。

そのため秘書には気が利いてテキパキと動いてくれる女性の方が多くなっているようです。

来客対応や電話応対は女性の方が印象が良い

来客対応や電話応対は女性の方が印象が良いと思われているのも、女性の秘書が多い理由にあります。

上司や代表のもとで働くとなると、来客や電話の応対をすることも度々ある秘書。

女性の方が相手にやわらかい印象を与えることができ、気遣いもできるということから秘書として女性を起用することが多くなっています。

秘書の中には男性の秘書もいる

現在では男女の扱いの差がほとんどなくなり、男性の秘書も少しずつ増えてきました。

それは秘書は女性が多いからと諦めていた男性でも、秘書になれる可能性があるということです。

ちなみに議員秘書に関しては、女性よりも男性の方が多いようですよ。

男性であっても秘書になれる可能性は十分にあるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

男性が秘書になるにはどうすればいいの?

先ほど秘書には女性が多いとお伝えしましたが、現在では男性の秘書も徐々に増えてきています。

では、男性が秘書になるためにはどうすればいいのでしょうか?

秘書を目指す男性の方は、以下のことを行っておけば秘書になれる確率をアップすることができますよ。

秘書検定の資格を取得する

秘書になるなら、秘書検定の資格を取得しておきましょう。

秘書検定を取得していれば必ず秘書になれるというわけではありませんが、応募する際の強みやアピールポイントにはなるはずです。

また、秘書検定で秘書の知識や能力を身に付けておけば、秘書の仕事をする時にも役立てることができますよ。

ぜひ秘書検定を取得してみてくださいね。

社会やビジネスで必要なマナーを身に付けておく

秘書は代表のもとで仕事をするため、ある程度の社会のマナーやビジネスマナーを身に付けておく必要があります。

ですが、社会のマナーやビジネスマナーといっても、いまいちピンと来ない方もいるでしょう。

社会のマナーには、「服装」や「立ち振る舞い」などがあります。

また、ビジネスマナーには「時間を厳守すること」や、「報告・連絡・相談」をきちんとするというものなどがありますよ。

年齢が若くて未経験であれば、マナーにもあまり詳しくない方がいると思います。

秘書の採用では、社会経験の豊富な30代から40代の男性が採用されるケースが多いようです。

ですから秘書を目指す場合、いつ秘書になってもいいように社会のマナーやビジネスマナーをきちんと身に付けておきましょう。

キャリアを積んでおく

キャリアとは、仕事で積み重ねた経験などのことを言います。

採用側はこのキャリアによってその人の人生や経験、その人本来の性格などを予想します。

ですからキャリアがあると、夢だった秘書の仕事にも就きやすくすることができますよ。

秘書になる前からキャリアをどんどん積み重ねていき、秘書への道を少しずつ近づけていきましょう。

まとめ

男性でも秘書への転職はできることが分かりました。

実際に、男性の秘書もどんどん増加してきているようですよ。

男性だから秘書になれないのではないかと思っていた方も、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

強い願いを持ち続けていれば、きっとその夢が叶う日がやってくるはずですよ。