秘書の転職理由はどうやって書くべき?志望動機例文まとめ

「秘書の仕事をしてみたいけど、転職理由はどうやって書けばいいんだろう。」

「間違った志望動機を書いて、失敗したくないなぁ。」

そう思い、秘書の志望動機をどう書けばいいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

せっかく応募をするなら、やはり志望動機もきちんと書きたいですよね。

そこで、秘書に転職するには理由や志望動機をどう書けばいいのかご紹介していきたいと思います。

秘書への転職を望んでいる方は、ぜひご覧ください。

秘書に転職するためには志望動機をどうやって書けばいいの?

それではさっそく、秘書に転職するためには志望動機をどうやって書くと良いのか、ここでお伝えしていきますね。

秘書になるという夢を叶えるためにも、参考にしていただければ嬉しいです。

サポートすることへの強い思いを訴える

秘書は上司や代表を支えるとても大事な仕事です。

そのため、志望動機を書く時にはサポートすることへの強い思いを訴えてみましょう。

また、秘書の経験がある方だったら前職ではどのようにサポートしてきたのかというのをアピールすると、さらに信頼感を得ることができますよ。

サポートすることへの熱い思いを伝えることで、その気持ちがきっと採用担当者にも届くはずです。

秘書の仕事をしたいと思ったきっかけを伝える

志望動機では、秘書の仕事をしたいと思ったきっかけを伝えるのも大事なことです。

秘書の仕事を希望する理由には色々あると思いますが、なぜ秘書になりたいと思ったのかというハッキリとしたきっかけや理由を伝えることで、強い印象を与えることができますよ。

なぜその会社を志望したのかという理由を明確にする

なぜその会社を志望したのかという理由も明確にしておきましょう。

ただ単に秘書の仕事がしたいからという理由だけだと、どこの会社でもいいんじゃないかと会社側に思われてしまいます。

やはり会社側としては採用をするなら、自分の会社を選んだ強い理由がある人を採用したいと思うはずです。

理由を明確にするためにも、志望する会社が決まった場合はその会社について詳しく調べておき、その会社にしかない志望理由などを考えてみてくださいね。

自分と志望する会社が合っていることを強調する

自分と志望する会社が合っているかどうかを強調することも大事なポイントです。

採用側に、「この人は会社で必要としている人材だ。」と思ってもらうためにも、まずは自分が志望する会社のことをよく知っておきましょう。

その会社で行っている業務内容や募集条件からどのような人材を求めているのかをきちんと理解しておくことで、自分と会社が合っていることを強調しやすくすることができますよ。

たとえ会社が求めるレベルまで自分の実力が達していなくても、努力していこうという目標を伝えておけば好印象を与えることができますよ。

秘書の志望動機の例文

では、ここで秘書の志望動機の例文をご紹介していきたいと思います

志望動機をどう書けばいいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

志望動機の例文1

例文1.秘書の経験があり、スキルアップを目指す転職の場合
社長秘書として、3年間スケジュールの管理や取引先への対応、庶務などの業務を担当していました。

業務を行う上で気を付けていたことは、コミュニケーションを大切にすることと、業務への正確さです。

勤務をしていく中で、次第にキャリアや業務の幅を広げたいと思うようになり、転職を決意しました。

御社では社長秘書の一員として、これまで以上にたくさんの業務を担当できる環境や、成果主義で評価をするという経営の方針に魅力を感じました。

前職での経験を活かしながら、未経験の業務にも真面目に取り組んでいきたいと思っています。

志望動機の例文2

例文2.未経験の状態で秘書を目指す転職の場合
御社の「未経験者歓迎」「チームワークを大切にする」という考え方に魅力を感じたのが志望をしたきっかけです。

前職では、2年間一般事務の仕事をしていました。

業務中はスタッフ達とコミュニケーションを取り合いながら、書類の作成や来客対応などを担当していました。

元々人を助けたりサポートをすることが好きで、上司の仕事を円滑にすることへのやりがいを感じ、徐々に秘書という仕事に興味が沸いていきました。

秘書は未経験ですが、秘書技能検定の2級を取得済みです。

取得した資格を活かしながら、業務には臨機応変に対応していきたいと思っています。

秘書の志望動機を書く時の注意点

秘書の志望動機を書く時には注意点もあります。

どのようなところに注意すればいいのかについてはこれからご説明してきますね。

やる気だけをアピールするのはNG

志望動機はやる気だけを伝えればOKというわけではありません。

自分が持つスキルや強みをしっかりと伝える必要があります。

秘書にはスケジュールの管理や来客・電話の応対など、さまざまな業務があります。

そのためコミュニケーション能力や臨機応変に対応できる能力など、高いスキルが求められます。

やる気を伝えただけでは書類選考などを通過するのも難しいので、秘書にも活かせる自分の良い部分をアピールすることで良い志望動機が書けるはずですよ。

こんな志望動機は×!秘書の志望動機の例文

先ほどは志望動機の例文をいくつかご紹介しましたが、志望動機の例文で良くない例もご紹介しておきますね。

わたしが秘書になりたいと思った理由は、秘書の仕事がかっこいいと思ったからです。

常に社長のそばで仕事をする秘書に憧れていて、わたしも秘書になってみたいと思いました。

やる気の高さは誰にも負けない自信があります。

秘書になり、社長をしっかりとサポートしていきたいと考えています。

どうか、採用の方をご検討よろしくお願いいたします。

この志望動機だと、やる気は伝わっても採用側の心にはあまり響かないでしょう。

秘書の業務は予想以上に忙しく、大変な仕事です。

ですから秘書とはどんな仕事なのかきちんと理解していることを伝え、それでも秘書になりたいと思った理由や志望理由などを書くことで、選考を通過できる確率もグッと上がりますよ。

秘書以外、とにかく営業以外に転職を考えている人は、下記サイトもご覧ください。

>>【逃げ勝ち転職】営業以外であなたにベストな職を見つけます!

まとめ

秘書に転職するためには志望動機にどのようなことを書けばいいのか、つい悩んでしまいますよね。

秘書は重要な役割をすることから、簡単には採用をしてもらうことができません。

そんな難しい秘書の仕事に就くためにも、上記でご紹介したことを参考にしてみてくださいね。

良い志望動機を書いて、憧れの秘書の仕事をゲットしちゃいましょう。